人間関係に苦手意識を持たず、フラットな目線で見るようにしましょう。

MENU

人間関係に苦手意識を作らない

 

今回のテーマで伝えたいことは、過去の前例を理由によく知らない人へレッテルを貼らないことです。
人間関係は面倒なことも多く、自分自身がどれだけ努力しても改善できない環境がたくさんあります。
しかし、よく知らない相手に最初のイメージだけで距離を取ってしまうと、周囲からの印象が悪くなってしまうので注意しましょう。

 

まずはフラットな視線で人を見る

 

一例として、女性の方が学校や職場で女子特有の派閥による人間関係で嫌な思いをした経験を持っていたとします。
そして、仕事の転勤・部署異動などで新しい環境になった際に、似たようなグループがあれば警戒してしまいがちです。

 

しかし、過去に経験したトラブルがいつか起きるだろうと決めつけて最初から距離を取ってはいけません。
過去の経験を理由にした苦手意識から距離を取ろうとすると、周囲もその警戒心を感じ取って社交的ではない人のイメージを持ってしまいます。

 

女子特有の派閥関係は、どこでも同じようなトラブルを頻発させるものですが、まずは一度フラットな視線で接するようにしてください。

そして、今回も自分に合わないと感じる出来事が起きてから距離を取るのでも遅くはないはずです。

 

ポジティブポイントを探してみる

 

男性から嫌われる定番パターンとして、女性には優しくするけど男性(特に自分より立場が弱い人)へは厳しく接するタイプの人間がよくいます。

 

男性目線で見た場合、その人と仲良くなっても、ひどい扱いを受ける可能性があるかもしれません。
こうしたよくあるパターンの人間関係は、過去に出会った似たような人と照らし合わせてしまうものです。

 

根本的な問題は共通していることが多いですが、今回出会った人は過去に出会った似たような言動をする人にはない強みを持っているかもしれません。

 

たとえば、仕事面は信頼できる優秀な人かもしれませんし、仲良くすれば女性の紹介・合コンへの招待を積極的にしてくれるケースがあります。
過去に出会った似たような人と全て同じだと決めつけてしまうと、結果的に損することが多いので注意しましょう。

 

苦手に感じる言動をしている人でも、その人ならではのポジティブポイントを一度探してみてください。

 

自分から声をかける重要性

 

積極的に声をかけることの必要性

 

人間関係に強い苦手意識があると、自分から人へ話しかける行為が臆病になってしまいます。
そして、周囲からも話しかけづらい苦手な雰囲気を出すなど、どこに行っても良好な人間関係を作れない方が多いです。

 

良好な人間関係を作って豊かな人生を送るには、状況を見て自分から積極的に声をかける積極性が重要です。
声をかけた後に会話が続かないと微妙な空気になってしまうため、会話を盛り上げる気持ちとトークの引き出しを持っておくとよいでしょう。

 

自分から積極的に声をかけることができれば、それを見た周囲の人からも声をかけやすいイメージを与えられます。
余計なことに深く首を突っ込む必要はありませんが、些細な日常会話などを自分から積極的に声かけするようにしましょう。

 

すでに悪い人間関係が確立した状況を変えるのは難易度が高いですが、新しい環境に変わった際に声かけの意識を変えれば良好な人間関係を築けるチャンスが大きくなります。
過去に経験した人間関係のトラブルを理由に、初対面の人を相手に壁を作らないことを意識してみてください。

 

何故苦手?他人を不愉快にさせる言動とは